カテゴリー別アーカイブ: 家電

lenovo ThinkPad E130 こんどは電源ボタンが壊れた

勝手に壊れるノートパソコン、レノボのThinkPadE130。
ヒンジが勝手に壊れて電源ボタンのあたりのパネルがせりあがる
現象が発生してから、だましだまし使っていたがとうとう
電源ボタンが壊れてしまった。

電源ボタンを押しても反応しなくなって、何度も押していたら
電源ボタンがばきっといってしまった。

ヤバい!このままでは電源を入れられない!ピ~ンチ!
と焦ったが、電源ボタンの真下に電源のスイッチがあることが判明。
ここを爪楊枝でクリックすると電源のオンは出来る。ふ~。

会社で使っているPCがNECの3万円ぐらいのやっすいPCで
Office2010を起動するにもひーひー言っててポンコツ呼ばわりしてきたが
彼はボタンが壊れていない分、今では輝いて見える。

lenovo ThinkPad E130 のヒンジのあたりが壊れた事件の結末 レノボのサポートは最悪

我が家のPC「ThinkPad E130」に
購入して8か月で電源ボタン側のヒンジが壊れて、電源ボタン周辺のパネルがせりあがる故障が発生した。
「電源を落とす前にディスプレイを降ろす」という至って普通の使い方をしていたのに、
じわじわパネルがせりあがってきたのだ。しかもヒンジ周辺の部品が砕けてる。
リペアセンターにE130を送付し、診てもらったが
「ヒンジの故障を確認したが、原因は135度以上ディスプレイを開いたため故障したものと推測する。今回の故障は無償修理対象外なので34000円の修理代金を頂く」との回答。
普通の使い方をしているのでディスプレイを135度も開くことなんてないし、なにより135度以上開いた証拠もないのに一方的に非が当方にあるとの一点張りで、無償修理はしてもらえなかった。
購入後1年もしないのに勝手に壊れて、しかも修理してくれないなんてS●NYよりもたちが悪い。
私のようにE130が勝手に壊れたという報告はネット上にいくつか掲載されているので
これって設計レベルの不具合じゃないかと思う。なにかしらのひずみがパネル崩壊を引き起こしているのだろう。

ThinkpadはIBM時代から好きで、家庭のPCはずっとThinkpadだったが、今回の件で今後Thinkpadは購入しないことに決めた。
当然レノボの製品も今後絶対に購入しないだろう。

この商品を買うと後悔する可能性が高いと思うので検討中の方は情報収集することをお勧めします。

レノボの中の人もここまで不具合が出ているのに放置するのはまずいと思うんだけど、認識あるのかな。
ネットに掲載された悪い情報は削除不可で半永久的に残るのにね。

ついでに修理報告書(笑)も載せておく。
困っている顧客を放置しておいてなにが修理報告書だ。
けんもほろろとはこのことだ。

-------------------------------------

修理報告書

修理結果:
このたびは長期に渡りご不便をおかけしてしまいまことに申し訳ございませんでした。
アッパーケース(キーボード周辺のパネル)とロワーケース(ユニット下部の外装カバー)の内部ヒンジ部に割れを確認しました。
未修理返却のご連絡を頂いたため、現状にてご返却させていただきます。
今後ともレノボ製品をご愛用くださいますよう、よろしくお願い致します。

-------------------------------------

破損を確認したのに、何もしない。これがレノボクオリティー(笑)。

食洗器から焦げ臭いニオイが発生時の対応

先日、食洗機を使って食器乾燥をしていると焦げ臭いにおいが食洗機の排気口から漂ってきた。私は鼻があまりよくないのだけれど、それでもはっきりとわかるぐらいに焦げ臭い。
なんじゃこりゃと思い、あわてて感想をストップさせた。ひょっとしたら食洗機が故障して電子部品が火を噴いているのかもしれない。マンション在住なので火事をおこそうものなら住処を失うことになる、火事だけは起こしてはならないと肝に銘じて生活しているだけに、この焦げ臭いにおいには敏感にならざるを得ない。
とりあえずマニュアルを読んでみると、ヒーターになにか付着すると、焦げてにおいが出るらしい。ネット出調べてみると情報が全く載っていない。食洗機から焦げ臭いにおいが出る事象はレアケースなんだろうか。このまま自分で抱えていてもらちが開かないので、翌日パナソニックの相談窓口に連絡することにした。

パナソニックの窓口は3回ぐらいたらい回しされて、ようやく点検の予約をとることができた。保証期間内であれば無料で点検してくれるという。なかなか手厚いサポート体制に少し安心する。点検の担当者はすぐにはこれず、次の土曜の午前中に来るそうだ。

土曜日の午前11時40分頃、パナソニックの点検の担当者が到着。早速食洗機のヒーター部分のカバーをはずし、ヒーターの付着物をチェック。点検担当の人によると焦げたにおいがする原因はほぼ100%ヒーターに付着した食べ物によるものらしい。たしかにヒーター部分には黒い煤が付いていた。
念のため、動作確認のテストをしてもらったけれど問題なし。念のためなのかヒーター部分の蓋を新品と交換してくれた。
時間にして20分程度で颯爽と去っていった。素早い対応に感謝。やはり大手のサポートは手厚い。