カテゴリー別アーカイブ: ガジェット

iPad3用のキーボードを買った これでどこでもブログ更新できるよ

ここのところ、会社の圧力により週に1回は定時退社をする決まりになった。
でも、定時退社すると丁度子供の寝かしつけの時間帯とバッティング
するため、まっすぐ家に帰ると怒られてしまう。

どこかで時間を潰さねばならぬ、ということでどこでもブログが書けるように
iPad用キーボード ARTECK HB405を購入したのでレビューしたい。
この記事も実は購入したてのキーボードで書いている。

◆Windowsユーザにとっては慣れが必要

キーボードの配列が、WindowsPCのものと異なるため、
やりたいことができないもどかしさを感じる。
英字入力への切り替えができず、ファンクションキーに相当するキー
が見つからないので非常にストレスを感じる。
これは慣れだろう。
あと、エンターキーが小さくて、非常に押しにくい。

◆キーボードのタッチ感は良い

薄っぺらいけどキーボードをタッチする感覚はPCのキーボードと
遜色ない。でも、ちょっと小さいから若干打ちにくい。

◆iPadとのペアリングは超簡単

まず、iPadとキーボードのペアリングができるのかが不安だったが、
ものの数分で接続し、使い始められた。
マニュアルはペラペラだが、それで充分。
なんだかApple製品みたいだ。

◆日本語変換が結構賢い

これはApple製品だからなのか、タブレットの特徴なのか
よくわからないのだけれども、日本語入力のサジェスト機能が
結構良い。文字を打ち込む先からどんどん予測してくれて、
スペースを押すと第一候補が選択されて、エンターで文字が
打ち込まれていく。
第一候補があまり外れなくて快適に日本語入力できる。
メモとり専用ツールのポメラを使っていたこともあるけど、それより
大分賢い感じだ。
予想外にさくさく日本語入力できて気持ちいいい。

◆コスパ◎ iPadをモバイルPCとして活用したいなら買い!

これ、値段が3000円程度と安い。
なのにこれ一つでiPadがちょっとしたモバイルPCに進化する。
これとiPadがあれば、PCでやりたい大概のことはできるようになる
んじゃないかと思われる。
iPadをもっとビジネスユーズで活用したい人やノマドワーク(死語?)
でブログを書きたい人は絶対買いだと思う。

刈りまっせ バージョンアップ(Ver00.07)

刈りまっせをバージョンアップしました。

変更内容
・データクリア機能の追加
・1日に複数回チェックを行えるように処理を修正

karitori.mdbの変更
 あり

ダウンロードは下記のリンクからお願いします
刈りまっせダウンロード

無料刈り取りツール刈りまっせについて詳しくはコチラをクリック
刈りまっせのページ

価格改定ツールうれまっせについて詳しくはコチラをクリック
うれまっせ2のページ

無料電脳せどりツールしいれまっせについて詳しくはコチラをクリック
しいれまっせのページ

無料Amazonマケプレ出品ツールアゲまっせについて詳しくはコチラをクリック
アゲまっせのページ

東京メトロ オープンデータ活用コンテストが熱い かもしれない

東京メトロがすごいことを企画していますね。

列車位置等の列車運行情報をオープンし、
オープンデータを活用して一般人がアプリを開発するコンテストを企画している模様です。

鉄道業界ってとにかくお堅いイメージがあります。
真面目で、前例主義で、石橋をたたいて渡らない、みたいな。

Amazonみたく時刻表とかの情報をばんばん公開してくれたら面白いアプリが作れるかもな。
でもそんなことやるわけないよな、なんて妄想していたりしたのですが、
まさか列車位置のようなモロ鉄なデータを公開する企業が日本で現れるなんて驚きです。

自分はWebの開発には超疎い上に、アンドロイドアプリなんてよーつくらんわといった状態だけども
なにか面白いアプリが作れないものか、ちょっと考えてみよう。

でも、最近は育児が忙しくてろくすっぽ時間がとれないんだよな・・・

いやいや、時間が無いことは理由にはならんわな。

東京メトロ オープンデータ活用コンテスト