カテゴリー別アーカイブ: ラーメン

SH3B0196

下新庄 歴史を刻め

麺の量は並(300g?)アブラマシ
ここのラーメンも旨い。味は濃すぎず、いい感じの醤油豚骨。

関大が近くにあるだけに男子大学生みたいな客が多い。
ひょろっとした眼鏡の男子が野菜マシを注文すると、
野菜だけ別容器に入れて出されていた。
この野菜だけでも結構な量である。
メガネ男子は何事もないように平らげていた。

方や二郎系初挑戦と見える若造が全マシを頼んでおきながら食べきれずに
箸が止まっていたりして、人生の厳しさも垣間見える、そんな店舗である。

160106_1613

寺田町 麺屋わっしょい 男の根性黒醤油!

男の根性黒醤油ラーメン  大盛 200グラム ニンニク抜きをオーダー。
客層は若者(学生)中心。高校生とかがいるなかにスーツ姿は浮いていたと思う。
黒醤油という名前からは醤油辛そうな印象をうけるが以外とあっさりしていて旨味がある。
背油も少なめな印象で二郎みたいのを想像していると物足りないだろう。
麺の量も無料で200gまで増量できるが、この程度ではしれている。
二郎インスパイア系のような限界への挑戦や自分との闘いを繰り広げたいのであれば
追加料金を支払って麺や野菜を増量するしかない。
野菜はまさに野菜炒めで炒めたキャベツの割合が多い。これはいい感じである。
隣の女子二人組も「ラーメンの具は嫌いだが、ここの野菜は外れなし」と絶賛であった。