月別アーカイブ: 2013年7月

脱臭フィルタ異臭事件のその後

以前記事を書きましたが
購入して半年程度の空気清浄機の脱臭フィルターが悪臭を放つ事件が発生。
消耗品なのであきらめつつも、シャープの相談窓口に電話してみました。

説明書にはフリーダイヤルの電話番号が載っているのだが、
そこに電話をかけると自動音声で別の番号にかけなおすように告げられた。
のっけからたらいまわしに会い、嫌な予感がする。

教えられた番号にかけると、音声案内だ。
いくつかの選択肢を選び、ようやくヘルプデスクにつないでもらった。
「ただいま回線が混みあっております」とのアナウンスが流れ、
なかなか順番がまわってこない。
なんだか、カスタマーサービスが手薄なんじゃないかな~って思いました。

ようやく人につながったので購入してから半年ぐらいでフィルターが臭う事、
普通の和室で使用したのみで、臭いのきつい環境では使用しなかったこと、
を伝えました。

「普通は半年でダメになったりしないんですけどね。」
とかヘルプの人はつぶやいていたが、シャープのサービス部門か
販売店に持っていったら、ひきとって調査するとの回答をもらった。
フィルターって消耗品なので即刻「買い換えてくださいね」とか言われるのかと
思ったが、案外ちゃんとみてくれるようだ。
というわけで、脱臭フィルタが臭いだしたら、まずは相談窓口に
連絡してみるといいのかもしれない。

フィルターは空気清浄機を購入した販売店に預けた。どうなるのやら。

この記事の続きはコチラ⇒脱臭フィルタを交換してもらった

シャープの空気清浄機KC-B50から異臭が!

嫁さんの花粉症がひどいので
シャープの空気清浄機「KC-B50」を今年の1月に購入しました。
集塵フィルターはPM2.5を吸着させることもできるhepaフィルタという代物で、
目には見えないが空気清浄能力は折り紙付きです。
価格.COMのレビュー評価も高かったので、ちょっと値段は高かったのですが
思い切って買いました。
空気清浄機を購入してからは空気清浄&加湿を毎日24時間、ほぼフル稼働状態で
使っていました。
この空気清浄機は消費電力が低く、電気代が安い(1日3.3円)ので、
フル稼働にも耐えられる代物なのです。

しかし、フル稼働がいけなかったのか、最近、空気清浄機が異臭を放つようになりました。
異臭とは洗濯物の生乾きのかび臭い臭いです。
まずは臭いに敏感な嫁さんが気づきました、空気清浄機を動かすと何かが匂うと。
で、空気の噴出し口を匂ってみると確かにかび臭い!
空気清浄機なのに、異臭を発生させるとはなんたることか!と思いましたね。
空気清浄機を分解してみると加湿フィルターがちょっと黄ばんでいました。
常に加湿で湿っていたので、フィルタにカビが繁殖したのかもしれません。
こういう場合は重曹につけおき洗いするべしと説明書に書いてあったので、
書かれてあるとおりに加湿フィルターを重曹洗いしてみました。

しかし、重曹であらってみてもまだ異臭はおさまりませんでした。
どーゆうこっちゃと空気清浄機を分解し、フィルターを総点検してみると
とんでもないことが判明しました。
あろうことか脱臭フィルターが異臭の原因だったのです。
臭いを取り除くためのフィルターが悪臭を発生させていただなんて、本末転倒もいいところで
ズコーってなりました。

しかもこの脱臭フィルターってやつは丸ごと洗うことが出来ないみたいで
一度だめになると、買い換えるしかない様です。(4200円)
説明書を読むと、10年に1回交換すべしと書いてあるが、こちとら購入して1年もたっていませんよ。
一応、説明書には「使用環境によっては数週間から数ヶ月でフィルターからニオイが発生し、
フィルター交換が必要となる場合があります」と書いてあって、
「てめーの使い方が悪いんだから、悪いのはてめーの方だYo!」と言いたげです。
でも、何の変哲も無い普通の民家で、普通に使っていただけなのに
数ヶ月でオシャカになる部品って一体・・・って思いますね。

シャープの中の人は実際にユーザの目線でテストしたのかYo!って思います。
この空気清浄機、シャープの中の人は使っているのだろうか?
使っているなら異臭問題に気が付いて直すと思うんだけど。

ちなみに脱臭フィルタのニオイを少し抑える方法を発見したので最後に記します。
風通しの良いところで陰干しするのです。
現在、数日間干してますが、キツかったカビ臭がすこし抑えられたように思えます。
それでも鼻を近づけて、においをかぐとすっぱいニオイがしてオエってなります。
脱臭フィルタはまだまだ復帰できそうに無いので、
脱臭フィルタ抜きで動かしています。
これで異臭は発生しなくなりました。

この記事の続きはコチラ⇒脱臭フィルタ異臭事件のその後