月別アーカイブ: 2013年9月

今而 濃厚醤油

鴻池新田 而今へ行きました

鴻池新田の而今というラーメン屋へ行った。
鴻池新田駅から1キロ程東の住宅街にある。
鴻池新田は初めて降りる駅だ、たこ焼き屋が多く、大阪!って感じ。
11時OPENで11:30に到着すると既に行列ができていた。さすが人気店。

6人ぐらい先客が並んでいたが、待ち時間は13分程度。
並んでいると西田敏行みたいなエエ声が聞こえてきた。
これは店長の声なのだ
店主が会計時にお客さんと一言二言会話するのがこだわりのようだ。
常連さんが多いようで、
「また来たね~」とかとてもフレンドリーな感じだ。

鳥の濃厚な方の醤油ラーメンを注文 680円

スープは濃厚な鳥白湯 味は薄め。
素材の味を活かしているのだろうが、ちょっと物足りない感じはある。
胡椒、山椒、ニンニクチップといったトッピングが
おいてあるので味に飽きると、適宜それらを投入して
味に変化をつけた。

麺はコシ強し。麺のことはよくわからないが、
よくある感じで問題なし。

鴨のスモーク、チャーシュー、鳥つくねの3種類の肉が
載っていてそれぞれ違う味を楽しめる。
特に鴨は濃厚な味でとても美味。これがずば抜けて旨い!

エビが入ったつくねをサービスしてくれた、
サービスに力入れてるなー。

価格が680円の割にはとてもサービスがよくていい店だった。
行列ができるのも納得。
でも味はガツンと来ない、豚骨の方が自分には合っているのかもしれない。

20130907001

沖縄本島の忘れられない味 沖縄そば 「すーまぬめえ」

沖縄に去年行った。そのときに感動した記憶に基づいて記事を書いてみた。

沖縄に到着して、まず初めに向かったのが沖縄そばの店「すーまぬめえ」

沖縄そばはそんなに美味しくないと嫁が言うのでそんなに期待していなかった。沖縄そばのカップめんを事前にたべていたので「こんなもんかなー」という味の想定はしていたが、たべてびっくりの想定外の旨さであった。
私が注文したのは豚足、ソーキが乗っているタイプの沖縄そばでした。
肉がこれだけ乗って、値段は650円ぐらいでとても安かった。本土だったらこれだけ肉が盛られていたら800円以上はする。

豚足がとろとろに煮込まれていて、やわらかい。スープカレーについている鶏肉みたいな塩梅なのである。この豚足にまずはやられた。

スープも鰹ベースであっさりしていますがうまみが強くてとてもよかった。
豚骨ラーメンみたいなインパクトはなくても充分うまみを堪能できた。

あと、ヨモギがおかわり自由。ヨモギを生でたべることなんてやらないのでチャレンジしてみまたところ
予想通りにヨモギはひたすら苦く、あまりおすすめできないが、こういう思い出がいいんだよね。

電子メモ帳 ポメラDM5を購入した

電子メモ帳ポメラDM5を購入した
価格はAmazonで3800円程度。色はちょっと乙女なピンクゴールド。人気がないから安いのよ。

Webサイトの広告収入がわずかながら入るようになり、今後、記事を書く作業が多少なりとも効率的に行えるようになればと思い購入した。

このDM5は価格が安いし、機能も限定されているバージョンなのでネットでの評価も賛否両論でした。

「これは役に立つ!」というレビューもあれば、かたや「使いづらい、使わなくなった」というレビューもありこれは本当に使えるものなのかとても迷っていました。

数ヶ月悩んだのですが、買ってみるとなんでしょう、諸々の悩みが瞬く間に解消されていきました。

とにかくクイックレスポンス!なので気持ちよく使えます。
機動時間も数秒だし、打鍵のレスポンスもパソコンとほぼ同じです。ちょっと変換スピードがもっさりしている感じがありますが、全然許容範囲です。書き終わったら電源ボタンを1回押すだけで終了できます。

3800円程度の代物なので、キーボードがおもちゃみたいだったらイヤだなと思っていたのですが、なんのなんのノートパソコンと遜色ありません。気持ちよく打鍵できます。

レビューで気になっていたのが「カーソルを見失う」という指摘です。使ってみるとたしかにカーソルの存在感が薄いです、でもふつうに文章を入力するにあたり「カーソルどこやねん」と探しながら入力をすることはないわけで、入力に集中できる環境であれば問題ない些末な事だと思えます。
と書いたものの、なんでしょう、一度書いた文章を読み返してみて、ここを修正したい、と思ったときに確かに「カーソルどこやねん」ってなりました。縦にスクロールしているとカーソルが見えなくなります。

あと、ポメラはメモ機能に特価しているのでブラウザやらメールやらの雑音が入ってこないのも心地よいです。PCの環境はいつでもどこでもオンラインで無意識に情報が入ってくる状態なのですが、アウトプットをしようとしている人間には雑音以外のなにものでもないのです。とにかくものを書いてアウトプットしたい人間にはこの機能の少なさがありがたい。

というわででポメラのファーストインプレッションは非常にいい感じでした。
しばらくこいつでいろんな記事を書いていこうと思います。