月別アーカイブ: 2013年10月

平成25年度 秋期 システムアーキテクト試験を受験

秋の恒例行事、情報処理技術者試験。去年と同じく、システムアーキテクトを受験してきました。

午前Ⅰ:免除
午前Ⅱ:6割はとれたので合格
午後Ⅰ:問1と3を選択。

いずれの問題も全ての解答を埋めることができ、解答が導き出せない問題も時間切れもなかった。試験終了後は2ちゃんねるの情報と自分の解答を比較しているが、そんなに外れていないので念願の午後Ⅰ突破かも、と期待している。

問1
地震発生時の安否確認システムということで3.11以降に開発されてそうなシステムに関する出題。
緊急連絡をわざわざシステム化するメリットがわからず、こんなシステム本当にあるのかなと思いながら解いていたが、2ちゃんねるを見ていると「会社で使っている」という書き込みがあり、実在している模様。

設問1:携帯電話を保持していない又は利用できない場合に使用する。

設問2:
(1)既に利用している社員コードから導き出せるため

(2)パスワード変更の翌日にならないと新システムのパスワードに反映されないこと

設問3
(1)ほとんどの社員が携帯電話を保持しており、短時間で通知でき、通信コストも低いため

(2)社員の連絡先が変更されており、緊急時に連絡がとれなくなるリスク

(3)
内容:海外出張者の情報
理由:海外出張者は安否確認の対象から外すことができるため

問3

設問1
(1)先日付の生産計画の精度向上

(2)先日付の受注金額を減算する

設問2
(1)
製造現場の未使用の在庫
(「賞味期限内の」という修飾語も要るかも)

(2)製造現場

設問3
a.製品ロット別在庫マスタの引当可能在庫数量がX以上の場合

b.製品ロット別在庫マスタの引当可能在庫数量

設問4
c.
手順2で抽出した原材料ロット番号で原材料受入実績を検索し、購買先コードを取得する

d.
出荷実績から、手順1で抽出した製品ロット番号のレコードを抽出し得意先コードを取得

iTunesの更新に失敗していたので再インストールをした

世界の快適音楽セレクションという番組が好きで毎週radika(ネットラジオを録音できるスーパーツール)を使って録音している。で、ipodに録音したデータを移して、通勤電車の中でラジオを楽しんでいる。

ipodに先週録音したデータを移行しようとすると、「itunesの起動に失敗しました」という初めて見るエラーメッセージが表示された。これは焦った。itunesが壊れた!となるとショックが大きい。これまで貯めてきた音楽の情報はどうなっちゃうの?と不安になる。
すぐにitunesのサイトに接続し、itunesのexeをダウンンロードした。

exeを実行すると、壊れたitunesを修復するか、itunesをアンインストールするかを聞いてくる。壊れたitunesを修復を選択すると、itunesの修復の処理が開始され、数分後にはitunesが復活していた。itunesが壊れた状態を検知でき、それに対応していることには驚かされたが、一体何だったんだ。