月別アーカイブ: 2014年6月

まこと屋 つけ麺

甲子園口 まこと屋 ボリューム、トッピングがうれしいつけ麺

JR甲子園口が最寄りのまこと屋へ行きました。
車で行く前提のお店なので、駐車場がそこそこあります。
お座敷もあるファミリー向けラーメン屋といった感じです。

牛骨つけ麺(850円)をオーダー
麺が標準で300gと多めなのがうれしい。

このお店のつけ麺で特徴的なのは麺の太さ。
写真のとおりのボリューム感で次郎系ラーメンを訪仏とさせてくれます。
食べ応えがあって良い!

あと、トッピングが充実しているのがトッピングファンにはうれしい!
つけ麺と一緒に「魚粉」「刻み玉ねぎ」「辛いゴマダレ」が瓶に入って「これでもか!」と
ばかしについてきます。

同じ味をひたすら食べると飽きるもので、トッピングで味に変化を加えつつ食す
スタイルが気に入っている僕にはうってつけのサービスです。

スープはちょっと珍しい牛骨スープ。
あまり癖は無く豚骨ほどのインパクトは少ない。
味はあっさりしていて旨い。
つけ麺はなにかとスープが塩辛い店が多く、個人的には
この塩辛い傾向には閉口していただけに、このちょうど良い感じの
スープには好感が持てる。
スープのそこに沈んでいるチャーシューはトロトロでこれまたいい塩梅。

普通に食べてもおいしいが玉ねぎなどを加えて箸休めできるのがなおいい。
トッピングでは玉ねぎが気に入った。

総合的に何をとっても旨い、いい店だと思いました。
さすがに人気があって、待ち行列ができていたぐらいだし。
チェーン店なのだけど、これは訪問する価値ありますね。

ぜひリピートしたいと思いました。次はラーメン食べるぞ。

武士道 ラーメン

残したら切腹 漢のラーメン 武士道

武士道という盛りがごついラーメン屋に行ってきた。
店員さんの声がとにかく大きい。運動部みたいだ。

大阪黒醤油ラーメン(700円)を注文
麺と硬さと背油、にんにくを入れるかを尋ねられる。

運ばれてきたラーメンは結構でかい。
どんぶりになみなみと盛られたラーメンに野菜と豚がトッピングされており
なかなかの迫力。うむ、漢のラーメンといった風格はOK!
ラーメンが運ばれるとどでかいペッパーミルで胡椒を振りかけてくれる
サービスがあり、その時には
「風林火山はいりま~す!!!」と店員さんが絶叫してくれる。
このあたりのセンスは意味不明だが、そこはかとなく漢らしい。

ラーメンのスープを一口すするとガツンと来る。
このスープの味を一言で表現できないが、
醤油スープと油分のマッチが素晴らしい。
スープの味付けは濃い。この濃ゆいスープに野菜をからめて
食べるのが至福である。背油もよい。もっと振りかけても良い。
背油マシマシとかはできないのだろうか。

麺は男らしく太麺だ。200gあるのでボリュームも申し分ない。
食べても食べてもなかなか減らない、この耐久力は次郎を
彷彿とさせる。
食が細い人はうっかり大盛りにしないほうが賢明だろう。
スープは塩分が多いだけに鼻水が止まらなくなる。
高血圧の人はチャレンジしないのが身のためだ。
後、食べているとブラックなスープがそこらじゅうに飛び散るので
食べるときは白い服は着ないのが賢明だ。

ヒゲイヌ つけ麺

すきやきつけめん 尼崎 ヒゲイヌ

尼崎駅前の人気ラーメン店「ヒゲイヌ」を訪問した。
店内はとても狭い、カウンターのみの店で、ちょっと
ディープな雰囲気。

750円のつけ麺を注文。
麺は200gとまあまあ多い。

ここのつけ麺は牛のスープを使っているのが特徴的だ。
たいていつけ麺といったら鶏、豚、魚介スープがメインなのに牛とは珍しい。
そんなスープは牛肉がごろごろ入っていて、なんだかすき焼きみたいな味付けである。

すき焼きに麺を入れて食べている感覚。
あまりマッチしているようには思えないが、これはこれで旨い。
有りだと思うけど、つけ麺の宿命なのかスープが辛く
感じられる。(どこの店もそうだけど。)

麺は多めだが、ぺろりと平らげられる。
インパクトはそれほどでもないが、いい味出しているつけ麺だと思う。