月別アーカイブ: 2015年12月

151228_1143

西宮 まぜそば てっぺん

人気カレー店ラーマの跡地にできたまぜそば屋。
まぜそば780円を注文。
追い飯付き。
見た目はオーソドックスな混ぜそば。
味もうまい。タレと卵がからまって、のうこうなうま味が楽しめる。

まぜそばはスープが無い分、店による個性があまりでないように感じられる。
ラーメンの油が気になる僕のような人間にはまぜそばの汁なしのほうがうれしい。(うまいかどうかはおいといて)

ニンニク、こんぶ酢、唐辛子、ラー油、こしょうのトッピングは自由にできる。
でも、並では麺の量がものたりない。これなら「これが好きだから」へ行った方がよかったかな、なんて思ったりもしたが、追い飯がついているので少し救われる。
ご飯の量は80グラム程度であろうか、ちょうどうちの子供の食事で食べているご飯とおなじぐらいである。これを残った具に投入しかき混ぜてから食う!
以外とこのごはんが効いてそこそこの満腹感は感じられた。

三ノ宮の有名かつ丼屋 喜兵衛が今津にオープン!

西宮経済新聞にてかつ丼専門店の吉兵衛が西宮今津にオープンするとの情報を入手。
さっそく行ってきました。

有名店なだけにお客さんの入りも上々といった具合で出足は順調そう。
注文を受けたら即座にかつ丼を作ってしまい、そのまま提供し、その後会計をすませるという
スタイルをとっている。注文を次々と裁かないといけないので厨房は非常に忙しそうだ。
かつ丼担当のベテラン店員(店長?)は職人技で活を刻み卵とじを作り、次々とかつ丼を作っていく。
この職人技はなかなかの見ものである。

卵とじかつ丼並(680円)を注文した。
過去に聞いたところでは500円ぐらいと記憶していたが、値上がりしたのかな?
ネギとつゆの増量は可能。
オープン直後ということで赤だしもサービスしてもらった。
会計終了後に水をセルフで汲み、その後座席へ移動することになる。
このあたりで時間がかかると出来立てが食べられなくなるのが少しよろしくない。

かつ丼は作り立てということもあり、さすがにアツアツだ。
卵とじなのでサクサク感はそれほどでもない。
でもこの値段なので十分満足できる内容である。
カツの量は十分満足できたが、ごはんの量が相対的に少なく感じたが、
並を注文してしまったので仕方がない。

意外とあっさりしているので、つゆだくにしたほうが美味しいかも
と思いました。

うれまっせ2 インストールマニュアル

うれまっせのインストールが難しいというご意見を多数頂戴したため
インストール手順をかみ砕いたページを作成しました。

行き詰まった際に参考して頂けると幸いです。

うれまっせを利用するには大まかに下記の作業が必要です。

1.AmazonMWSへの登録

うれまっせを利用するにはAmazonMWSへの登録が必要です。

AmazonMWSとはAmazonが提供するサービスでこれを利用することでマーケットプレイスにおけるデータ取得や
レポートアップロード等の作業をプログラムから行うことができるようになります。

AmazonMWSへの登録を行うと、「出品者ID」、「マーケットプレイスID」、「AWSアクセスキーID」、
「秘密キー」が発行されます。これらの4つの情報はうれまっせの環境設定で必要になります。

AmazonMWSへの登録手順については下記のページを参照願います。

AmazonMWS登録手順

2.うれまっせのダウンロード
うれまっせをダウンロードしてください。下記のリンクをクリックするとダウンロードが開始します。

うれまっせ2ダウンロード

ダウンロードしたZIPファイルを適当な位置に回答してください。
Amazon1.exeをダブルクリックするとうれまっせが起動します。

3.環境設定

3-1.出品詳細レポートのダウンロード

うれまっせはAmazonマーケットプレイスセラーセントラルより提供される「出品詳細レポート」を読み込んで動作します。
出品詳細レポートのダウンロード手順については下記リンクを参照願います。

出品詳細レポートダウンロード手順

3-2.環境設定画面にて3-1でダウンロードした出品詳細レポートを入力ファイルとして選択してください。

3-3.最低限これだけは設定しないと動作しないパラメータとしては【MWS認証設定】の
「出品者ID」、「マーケットプレイスID」、「AWSアクセスキーID」、「秘密キー」が挙げられます。
(手順1で取得しています)

これらのパラメータについては1文字でも間違えると正常に動作しませんので、正確な登録をお願いします。

3-4その他の環境設定項目については下記のページを参照願います。
画面の紹介

以上の設定を行うことでうれまっせは利用可能になるはずです。