ガテン

なんば まぜそば ガテン 漢の園

まぜそば(780円)をオーダー。麺は200グラム。
野菜マシ、油マシ、にんにく抜き(涙)。

野菜はマシたけど、見た目は次郎インスパイア系と比べるとおとなしい。
大抵の次郎インスパイア系は野菜が大量に盛られているため、麺に到達するまでに野菜の山をジェンガのごとく
慎重に食べる必要があるのだが、ここのまぜそばはいきなり麺に到達できる。

まぜそばなるものははじめて食べた。汁の少ないラーメンといった印象。
脂ぎった旨いスープが食欲をそそる。
麺は次郎系の例のぶっとくて硬い麺。チャーシューは大きいのがいっこ。
コンビーフのように柔らかく煮込まれている。「のスた」のチャーシューに似ている。
野菜、肉の量が少ないだけに結構あっさり完食できた。
ボリューム重視の漢からすると物足りないかも。
でも、旨かったのは事実。台湾まぜそばなんかも食べてみたい。

まぜそばの食べ方の説明書きに、「運ばれてきたらまずは記念撮影すること」とか書いてあったのはすこし笑えた。

客層は男性中心。外国人の女性も居た。
外国人のお客さんも多いようだ。さすが、なんば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です